グラブバケット

電動油圧式グラブバケットの特徴

特徴


  • 電動モーター内装

    クレーン等から電源を供給する電動モーターを駆動源とした油圧装置でシリンダーを作動させて開閉を行います。
  • 油圧による強いつかみ力

    シリンダーを伸長させることで「つかみ」動作を行うため、力強く確実に貨物をつかみます。
  • 負荷に応じ開閉可変速

    2基の電動機に4基の油圧ポンプとすることで、効率の良いつかみに対応しています。

    つかみ負荷の小さい場合にはスピーディーにつかみ、つかみ負荷の大きい場合にはパワフルにつかみます。 ※可変速機能の無い機種もあります。
  • 空中で「閉じ」動作速

    駆動源(電動モーター)を内装しているため、オペレータの意のままに「開き」「閉じ」動作ができます。少しつかみたい時、チョイと開きたい時、貨物をほぐしたい時にとっても便利です。
  • 低揚程

    単索無線シリンダー式に比べ、開閉ワイヤーがない分高さを低くできます。さらにシリンダーを水平に設置することで低揚程を実現し、少ない吊りしろでも使用できます。
  • 段取りが簡単

    クレーンのフックにグラブバケットを直接掛けるだけで荷役を開始できます。
  • 豊富な種類

    石炭・鉱石・スクラップ・木材等あらゆる貨物に適する豊富な種類を用意しています。

画像の説明

構造


本船等の電源を動力としているので連続運転が可能で、荷役条件に影響されない低揚程、
貨物を確実につかむ高出力を兼ね備えたグラブバケットです。
また、 エンジン油圧式 に比べ自重が軽く、クレーンの能力をより活かせる他、
排気ガスがでないので室内での使用にも適しています。