東北被災地への取組


東日本大震災について

 3月11日に発生しました東日本大震災により被災された地域の皆様、
関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 当社といたしましては、港湾荷役機器メーカーとして皆様への復興と維持に
全社を挙げて協力に努めていくとともに、できる限りの対応をしてまいります。
 あわせて今回の大地震・津波の被害状況を踏まえ、皆様からの要請に応えて、
考えられる支援を実施してまいります。
 被災地の一日も早い復興と、皆様の元気になられる事を心より祈念申し上げます。

2011年3月14日
東部重工業株式会社 代表取締役
吉田 牧男



御取引先の皆様はじめ関係各位から多数の御見舞と激励の御連絡を頂戴し、深く感謝申し上げます。

当社の被災地顧客復興に向けた活動報告(3)


この5ヶ月間、アフターサービス部隊による当社納入製品の復旧活動に取り組んでまいりました。

0526.jpg
car2.jpg

3月下旬~ 4月8日(2班編成)
第1班 八戸・久慈・宮古・釜石・大船渡
第2班 仙台・塩竈・石巻・相馬・小名浜
3月22・31日        鹿島地区
4月26日~4月29日      仙台地区
4月29日          鹿島地区
5月25日~5月27日      大船渡
6月28日~6月30日      相馬・石巻


(現地での復旧が困難な製品に関しましては、順次工場へ引取り補修対応しております。)

また、営業部も月の約半分は被災地へ行き、現状確認と お客様からの御要望等をうかがってまいりました。
今後とも ご要望があれば 当社は可能な限りの対応をさせていただきます。

car2.jpg

 関連記事(PDF) -海事プレス4月1日版-