クレーンへの衝撃緩和機構開発


木材チップや穀物等の比重が軽い荷物を荷役する場合、荷物の性質上刃先が閉じきらない事がある。
そのまま荷役作業を行うと刃先を開けた時の衝撃でクレーンが傷んでしまう。
本機構を取つける事でショックを和らげ、より安全・高効率での作業が可能となる。